• TOP
  • 記事
  • 1週間断食で10キロ痩せる?やり方や注意点を徹底解説!
  • 月曜断食
  • 2021.09.27

1週間断食で10キロ痩せる?やり方や注意点を徹底解説!

「1週間断食で10キロ痩せられるのか知りたい」という方もいるでしょう。

1週間で10キロも痩せられたら、夢のようですよね。

そこで、今回は1週間断食で10キロ痩せられるかどうかについて解説していきます。

また、1週間断食でやせる方法や注意点についても解説していますので、1週間で10キロ痩せたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。
 

1週間断食で10キロ痩せるのは可能か?

結論から言うと、1週間断食で10キロ痩せるのは可能です。

ただし、以下3つの条件すべてに当てまはまらないとほぼ不可能、もしくは命の危険があります。
 
  • 現在の体重が150キロ以上
  • BMIが45以上
  • 1週間すべての時間をダイエットに使う

また、これらの条件すべてに当てはまったとしても非常に危険なため、おすすめはできません。

それでも行う際には、あくまでも「10キロ痩せるくらい頑張る!」などの心意気程度に考えておき、「絶対に10キロ痩せる!」と無理をしないようにしましょう。
 

条件1:現在の体重が150キロ以上

まず、1つ目の条件として、現在の体重が150キロ以上であることが挙げられます。

脂肪1キロを減らすために必要なカロリーは7,200kcalです。
そのため、1週間で10キロ減らすとなると、(7,200×10キロ)÷7日間=1日10,286kcal消費する必要があります。
これは、肥満体型の人(BMI30以上)が富士山を1日に2回登って到達できる数字です。

また、1週間で10キロ痩せるためには、1日当たりの基礎代謝が最低でも3,000kcalに迫るぐらいでないと実質的に不可能です。

ちなみに、基礎代謝が3,000kcalというのは、体重が150キロを超える人でないとありえない数字であることを覚えておきましょう。
 

条件2:BMIが45以上

BMI(Body Mass Index)は、ボディマス指数と呼ばれ、体重と身長から算出される肥満度を表す体格指数のこと。
成人ではBMIが国際的な指標として用いられています。

BMIは、「BMI = 体重kg ÷ (身長m)^2」の式で求められるので、自分のBMIが気になる方は、ぜひ一度計算してみてください。

このBMIの数値が40以上だと、もっとも深刻な肥満と判定されます。
そのため、BMIが45以上となると、かなり深刻な肥満体ということになります。

つまり、条件1と同様に、過剰な代謝が可能な体型でなければ、1週間で10キロは痩せられません。
 

条件3:1週間すべての時間をダイエットに使う

前述したとおり、1週間で10キロ痩せるためには1日当たりの基礎代謝が最低でも3,000kcalに迫るぐらいの代謝が必要になります。
そこで、断食と平行して、運動をしようと考える方もいるでしょう。

ジョギングの場合、3,000キロカロリー÷体重で算出された数値(キロメートル)を走ると3,000キロカロリーを消費できます。

例えば、体重150キロの人の場合、3,000(減らしたいカロリー)÷150(自分の体重)=20(カロリー消費に必要な距離)をジョギングすると3,000キロカロリーを消化できる計算です。
ただし、普段運動しない人は消費効率が悪いため、もっと運動する必要があります。
つまりは、1週間のすべての時間をダイエットに使う必要があるのです。

しかし、大半の人が会社に行ったり、他の用事があったりするため、1週間すべてをダイエットに使うことはほぼ不可能でしょう。
 

1週間断食で10キロ痩せる方法

ここまで、1週間断食で10キロ痩せるための3つの条件について紹介してきましたが、条件に当てはまった人が、ただ1週間断食をすれば10キロ痩せられるわけではありません。

3つの条件に当てはまった人は、以下の項目に注意して生活する必要があります。
 
  • 食事
  • 運動
  • 睡眠
  • マッサージ

また、この章で紹介する方法は、「10キロと言わずできるだけ痩せたい!」という方にも参考になるでしょう。
ただし、かなりハードなことだと認識し、体調不良になる可能性も高くなるので、少しでも違和感があったら断食を中止し、医師に相談するようにしてください。
 

食事

まずは、1週間、水や酵素ドリンクだけで生活し、食事を断ちカロリーを摂取しないようにしましょう。

どうしてもお腹が空いた時には、以下の低カロリーな食べ物を食べるといいです。
 
  • 寒天
  • こんにゃく
  • きのこ
  • 野菜
  • 海藻

ただし、いくら低カロリーだからといっても、食べすぎはNGです。
多くても、一食分のお皿に乗る程度に抑えるようにしましょう。

また、調味料はできるだけ付けずに食べてください。
ドレッシングや醤油・ソース・塩・砂糖などの調味料は、カロリーが高いばかりでなく、身体に水をため込む原因となってしまうからです。
 

運動

1週間で10キロ痩せるためには、脂肪に直接働きかけて脂肪燃焼をサポートしてくれる有酸素運動と、筋肉量を増やす筋トレを併せて行うことが大切です。

ウォーキングやランニングなどの有酸素運動は、酸素を取り込み一定の時間を経過すると、脂肪をエネルギー源として使うので効率良く脂肪燃焼が期待できます。

また、筋トレは消費カロリーを増やすために行うものではなく、成長ホルモンやアドレナリン・ノルアドレナリンの分泌を増やして、脂肪が燃焼しやすい状態を作るために行うようにしましょう。

ただし、激しすぎる運動は継続が難しく、猛烈な空腹の原因となります。
また、食事量を制限している中なので、運動を行うと体調不良になる可能性も高いことを頭に入れておきましょう。
 

睡眠

ダイエットにおいて睡眠をとることは、食事や運動と並んで非常に重要な要素だと言えます。
なぜなら、寝不足の状態が続くと、自律神経の乱れから代謝が落ちてしまい、痩せにくい体質となってしまうからです。

そこで、睡眠をとることで、睡眠中に成長ホルモンが分泌されることで細胞を修復し、代謝を高めるよう働きかけてくれます。

最低8時間は、ぐっすり眠れるようにしましょう。
 

マッサージ

マッサージをして溜まった水分や老廃物の排出を促すことで、むくみが解消しスッキリとしたシルエットに見えるようになります。

そもそも「むくみ」とは、体内に余分な水分や老廃物が溜まっている状態を指し、むくんでいると、体重が1kg前後違うと言われています。

そのため、お風呂上がりなどの体が温まっている状態でマッサージを行うようにしましょう。

特に、下半身は老廃物や水分が溜まりやすく、むくみやすいので、足や太もも・ふくらはぎを重点的にマッサージすることをおすすめします。
 

1週間断食後は必ず回復期を設ける

ここまで、1週間断食で10キロ痩せる方法を紹介してきましたが、もし1週間で10キロ痩せられたとしても、いきなり通常の食事に戻してはいけません。

なぜなら、これまで休んでいた分、胃腸の消化機能が追いつかなくなり、胃もたれやリバウンドを起こしてしまう可能性があるからです。
そのため、1週間断食を行った後は、必ず回復期を設けるようにしましょう。

回復期には、動物性タンパク質や添加物(化学調味料など)を避けるようにして、胃腸に負担が少ないものを選ぶようにしてください。

回復期に簡単に作れるおすすめの回復食メニューを以下の記事で紹介していますので、気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

【プチ断食】回復食のメニューを紹介!簡単に作れるものからコンビニで購入出来るものまで
 

1週間断食で10キロ痩せようとするのは命の危険がある

今回紹介したメニューをこなせば、脂肪燃焼以外にもむくみなどの余分な水分も抜けるので、1週間で最大5キロ程度の減量は可能になります。
また、体重が150キロ以上を超えている方であれば、10キロ減も可能な範囲です。

ただし、今回紹介したメニューは栄養をほとんど摂取していない状態であるため、体調不良やリバウンドする可能性が非常に高いです。
そのため、条件に当てはまっていたとしても、危険な行為であることには変わりありません。

そもそも断食は、「身体の機能回復(デトックス)」が目的であり、ダイエット効果はあくまでも副産物になります。
体重を減らしたいのであれば、断食ではなくボディメイクスタジオなど、施設やサービスを利用するのがおすすめです。

また、断食によるダイエットをしたい場合には、最低3か月以上の長期目標を立てて、ゆっくりと長い時間をかけて行うようにしてください。
 

まとめ:1週間断食で10キロ痩せるのは危険!長期計画を立てよう!

今回は、1週間断食で10キロ痩せられるのかを解説しました。

条件に当てはまれば理論上は可能ですが、条件に当てはまってもリバウンドや命の危険があるのでおすすめはできません。

そもそも断食はダイエット目的に行うのではなく、身体の機能回復(デトックス)のために行うものです。
そのため、「絶対に10キロ痩せる!」とするのではなく、「10キロ痩せる気で頑張る!」くらいに考えるようにしましょう。

また、断食によるダイエットを行う場合は、1週間ではなく、3か月以上の長期的な目標のもとで行うことで、健康的でリバウンドの可能性が低く痩せられるでしょう。
 
この記事をシェア!