• TOP
  • 記事
  • 自己流の断食に伴う3つの危険とは?初心者におすすめな断食方法も3つ紹介
  • 月曜断食
  • 2021.04.28

自己流の断食に伴う3つの危険とは?初心者におすすめな断食方法も3つ紹介

「断食って自己流でもできるの?」
「断食って危険なの?」

断食に興味がある方の多くが、上記のように考えたことがあるでしょう。

そこで今回は、断食が危険と言われる理由や、自己流の断食に伴う危険性について解説します。

また、初心者でも比較的簡単に始められる断食方法も紹介するので、断食に挑戦してみたい方はぜひ参考にしてみてください。
 

断食が危険と言われる理由

断食を行うと美肌や便秘改善など、様々な効果が得られます。
  • 美肌効果
  • 便秘改善効果
  • ダイエット効果
  • 食事の習慣の改善効果
  • 免疫力の向上
しかし、「断食は危険である」という意見は尽きません。なぜなら、断食を行うための準備期間を設けなかったり、突然長期間の断食を行ったり、断食初心者が自己流で断食を行うからです。


さまざまな効果が期待できる断食ですが、正しい知識・やり方をもとに行わないと、さまざまな危険が伴います。


これから断食を行おうと考えている方は、断食を行う前にしっかりと危険性や正しいやり方を確認しておきましょう。

 

自己流の断食に伴う3つの危険性

正しい知識・やり方を知らない状態で自己流の断食を行うと、以下の3つの危険が伴います。
  • 月経不順
  • 摂食障害
  • リバウンド
それぞれどのようなものなのか順番に詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

月経不順

女性が自己流の断食を行うと月経不順になる恐れがあります。
なぜなら、無理な断食は心身ともに大きなストレスがかかったり、断食によって栄養不足になったりするからです。


過度な食事制限により女性ホルモンであるエストロゲンが減少することで、月経不順を引き起こします。


そして、ホルモンのバランスが崩れることで月経不順だけではなく、肌荒れや不妊などになることもあるのです
 

摂食障害

自己流の断食は、過食症や拒食症といった摂食障害を引き起こす恐れがあります。


なぜなら、自己流の断食は食欲のコントロールを狂わせてしまうからです。


過食症とは食欲のコントロールが出来ずに食べ過ぎてしまう状態であり、拒食症とは身体が食事を摂取するのを拒む状態を指します。
 

リバウンド

自己流の断食を行うと、高い確率でリバウンドを起こします。


なぜなら、自己流の断食の多くは身体に負担をかけにくい食事である回復食を摂取せず、断食後にいきなり通常と変わらない食事に戻してしまうからです。


断食中の身体は飢餓状態であるため、通常よりも栄養を吸収しやすい身体になっています。そのため、断食後に通常の食事を摂取してしまうと、余分に栄養を吸収してしまいリバウンドを起こすのです。
 

断食を行うと危険な人

以下の特徴に当てはまる場合は断食を行うと危険を伴う可能性が高いので、断食は控えるようにしましょう。
  • 術後1年以内
  • 病気で体重が落ちている
  • 消化器系の病気
  • 糖尿病
  • 妊娠中
  • BMI値(体格指数)が18以下
自分が断食を行っていいか判断できない場合は、医師に相談してみましょう。また、断食に不安がある場合は、医師や専門家が駐在する断食道場を利用するのがおすすめです。
 

断食中に行うと危険が伴う行動2つ

前章では、断食を行うと危険を伴う可能性が高い人の特徴を紹介しました。しかし、その特徴に当てはまらない方でも、断食中に以下の行動を行うと危険が伴います。
  • 長時間の入浴
  • 激しい運動
それぞれの理由を詳しく解説するので、断食を行う方は必ず確認しておきましょう。
 

長時間の入浴

ダイエットのために断食を行う方の中には、脂肪燃焼の効果を上げようと長風呂を行う方がいます。しかし、脱水症状の危険が伴うので断食中の長風呂は控えましょう。


なぜなら、断食中は身体の水分量が少ない状態であるからです。


長風呂を行い発汗を促し過ぎると、脱水症状により倒れる可能性があります。断食中は入浴前後にしっかりと水分を摂取して、長風呂は控えるようにしましょう。
 

激しい運動

断食中は激しい運動は控えましょう。なぜなら、食欲が増したり、貧血やめまいを引き起こしたりする恐れがあるからです。


筋トレや本格的なスポーツなど、激しい運動を行うとアドレナリンが分泌されます。そして、アドレナリンが分泌されると食欲が増し、断食中に食欲が増すと大きなストレスとなるのです。


また、断食中は身体の栄養が不足している状態なので、激しい運動を行うと貧血やめまいを引き起こす可能性があります。


断食中にどうしても運動を行いたい場合は、ヨガやウォーキングなど軽い運動を短時間だけ行うようにしましょう。
 

断食中の好転反応は危険信号ではない

断食を行うと、細胞の中に溜まっていた毒素や老廃物が血中に流れ出て、体調が改善する過程で一時的に好転反応が起こります。
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 倦怠感
  • 下痢
  • 眠気
  • 発熱
  • 肌荒れ
  • 動悸
好転反応は身体にとって良い反応であるため、危険信号と勘違いして断食を中止しないように注意しましょう。


ただし、我慢できない程つらかったり、症状が長期間続いたりする場合は、断食を中止して医師に相談するのがおすすめです。


好転反応については以下の記事で詳しく解説しているので、断食を行う前に併せて確認しておきましょう。


好転反応について詳しく知りたい方はこちら!

 

初心者におすすめ!危険性が低い断食方法3つ

断食の中には、初心者でも挑戦しやすい断食方法があります。


今回は以下の3つを紹介するので、断食に初めて挑戦しようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。
  • 16時間断食
  • 月曜断食
  • 断食道場の利用
それぞれの断食の方法について、順番に解説していきます。


詳しく解説した記事も紹介しているので、興味のある断食の方法があったら併せて確認してみてください。
 

16時間断食

16時間断食とは1日のうち8時間は何を食べてもよくて、残りの16時間だけ断食を行う方法です。


空腹の時間が16時間続くと、古くなった細胞が新しくなる仕組み・オートフォージ(自食作用)が起こり、身体のアンチエイジングの効果が期待できます。


16時間には睡眠時間も含まれているうえに、細かい食事制限がないので、初心者でも危険が少なく断食に挑戦できます。


16時間断食について詳しく知りたい方はこちら!
 

月曜断食

月曜断食とは、月曜日は固形物は摂取せずに、水などの水分だけを摂取しながら過ごすという断食の方法です。


火曜日から金曜日は身体に負担がかかりにくい食事を摂り、土・日曜日は好きなものを摂取して良いという断食です。


長期間の断食よりも我慢する期間が短くて、自分のライフスタイルに合わせて曜日を設定できるため、初心者でも気軽に挑戦できます。


月曜断食を行う際に、火曜日から金曜日に食べるべき良食のメニューについて、以下の記事で紹介しているのでぜひ参考にしながら挑戦してみてください。


月曜断食について詳しく知りたい方はこちら!

断食道場の利用

断食道場とは、医師や専門家の指示のもと断食を行う宿泊施設です。


正しい方法で断食が行えるため、冒頭で解説した危険を伴う可能性が低く、安全・安心して断食が行えます。


また、断食による空腹を紛らわせるために、ヨガやウォーキングなどのプログラムが用意されています。


以下の記事では、おすすめの断食道場について紹介しているので、1人で断食を行うことに不安を感じる方はぜひ併せて確認してみてください。


断食道場「やすらぎの里」について詳しく知りたい方はこちら!
 

まとめ:自己流の断食に伴う危険性を理解して正しく行おう

今回は、自己流の無理な断食を行った際に伴う危険性について解説しました。


断食は正しく行うと美肌や便秘改善などの効果が得られます。ただし、断食に関する正しい知識がなく、ただ食事を抜く無理な断食を行うと以下の3つの危険が伴います。
  • 月経不順
  • 摂食障害
  • リバウンド
また、断食の効果を高めるために長風呂や激しい運動を行う方がいますが、脱水症状や強いストレスを引き起こす可能性があるので断食中は控えましょう。


断食の効果を正しく得たい方は、断食について確認してから自分に合った断食方法を選び、無理しないように行いましょう。
 
この記事をシェア!
冷える悩みをかかえるあなたに
温活酵素ドリンク 温経

オリジナル発酵ヨモギエキスをはじめ、こだわり素材を厳選。
断食中にも最適な酵素ドリンクは、飲むだけではじめられるからだのための新習慣です。

人気記事